学校法人大成学園

沿革

私塾時代

1907年12月明治40年12月初代学校長額賀三郎・キヨ夫妻、茨城県水戸市鳥見町(現 泉町)に裁縫塾を開設する
1908年4月明治41年4月水戸市藤坂町(現 五軒町、現在の学園本部所在地)に移転する

大成裁縫女学校時代

1909年4月3日明治42年4月3日大成裁縫女学校(本科・専科・家政科)を、茨城県下初の私立女学校として開学する

水戸市大成女学校時代

1919年9月大正8年9月大成裁縫女学校を水戸市大成女学校と改称する
1923年9月1日大正12年9月1日午前11時59分関東大震災発生、生徒を室外に避難させる、被害なし

大成高等女学校・水戸市大成女学校時代

1929年4月昭和4年4月大成高等女学校を併設する
1941年12月8日昭和16年12月8日真珠湾攻撃、太平洋戦争始まる
1943年5月昭和18年5月学徒動員される
1944年11月13日昭和19年11月13日茨城県達207号をもって看護婦養成所に指定される(戦争による看護婦の不足を補う)
1945年7月4日昭和20年7月4日財団法人大成高等女学校の経営となる
1945年8月1日昭和20年8月1日空襲により全校舎を焼失する
1945年8月15日昭和20年8月15日終戦となる
1945年11月昭和20年11月旧37部隊兵舎を仮校舎として授業を開始する

大成女子高等学校時代

1948年3月昭和23年3月学制改革により大成高等女学校(普通科・家政科)を大成女子高等学校と改称し、大成女子中学校を併設する
1950年2月28日昭和25年2月28日大成女学校廃止となる
1951年3月3日昭和26年3月3日学校法人大成学園の経営となる
1953年2月3日昭和28年2月3日全生徒が仮校舎を引き揚げ本校に戻る
1953年2月13日昭和28年2月13日初代理事長・学校長額賀三郎逝去する
1953年2月昭和28年2月第2代理事長ならびに学校長に額賀修が就任する
1954年7月2日昭和29年7月2日大成女子中学校廃止となる
1965年11月19日昭和40年11月19日名誉学校長額賀キヨ、文部大臣より教育功労者として表彰される
1966年11月3日昭和41年11月3日名誉学校長額賀キヨ、勲五等に叙せられ宝冠章を授与される

茨城女子短期大学・大成女子高等学校時代

1967年4月昭和42年4月茨城女子短期大学(文科・保育科)を那珂郡東木倉(現 那珂市東木倉)に開学、初代学長に額賀修が就任する
1967年8月1日昭和42年8月1日名誉学校長 額賀キヨ逝去する
1968年6月26日昭和43年6月26日理事長 額賀修、教育功労者として藍綬褒章を授与される
1968年7月19日昭和43年7月19日理事長 額賀修、第17回世界教育者会議(アイルランド)に日本代表として出席する
1968年11月8日昭和43年11月8日理事長 額賀修・阿や子夫妻、天皇皇后両陛下ご主催の秋の園遊会に招待される
1969年4月1日昭和44年4月1日大成女子高等学校に衛生看護科を設置する

茨城女子短期大学・大成女子高等学校・大成学園幼稚園時代

1971年4月昭和46年4月大成学園幼稚園(茨城女子短期大学保育科附属)を茨城女子短期大学の隣地に開園、初代園長に額賀修が就任する
1977年3月昭和52年3月大成女子高等学校副校長 故 額賀阿や子、勲五等に叙せられ瑞宝章を授与される
1977年11月3日昭和52年11月3日理事長 額賀修、勲四等に叙せられ旭日小綬章を授与される
1984年4月昭和59年4月 大成学園幼稚園第2代園長に菊池實が就任する
1984年7月昭和59年7月第3代理事長に江幡衷が就任する
1984年8月昭和59年8月大成女子高等学校第3代学校長に額賀良一が就任する
1985年1月昭和60年1月茨城女子短期大学第2代学長に菊池實が就任する
1986年4月昭和61年4月大成学園幼稚園第3代園長に宮澤治正が就任する
1987年2月昭和62年2月茨城女子短期大学第3代学長に宮澤治正が就任する
1988年4月昭和63年4月大成学園幼稚園第4代園長に堀籠平吾が就任する
1989年2月昭和64年2月茨城女子短期大学第4代学長に堀籠平吾が就任する
1990年4月平成2年4月茨城女子短期大学に専攻科福祉専攻を設置する
1991年4月平成3年4月大成学園幼稚園第5代園長に額賀良一が就任する
1992年4月平成4年4月茨城女子短期大学第5代学長に額賀良一が就任する
1995年7月平成7年7月第4代理事長に額賀良一が就任する
1995年11月平成7年11月インターネットへの専用線接続を開始する
1999年10月7日平成11年10月7日学園創立90周年記念式典を挙行する
2002年4月1日平成14年4月1日茨城女子短期大学に国文科を設置する
大成女子高等学校に5年一貫教育の看護科を設置する
2002年4月29日平成14年4月29日理事長 額賀良一、勲四等に叙せられ旭日小綬章を授与される
2003年3月平成15年3月茨城女子短期大学の文学科を廃止する
2004年3月平成16年3月大成女子高等学校の衛生看護科を廃止する
2004年4月1日平成16年4月1日大成女子高等学校第4代学校長に額賀修一が就任する
2006年4月3日平成18年4月3日大成女子高等学校が文部科学省より平成18年〜20年度スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)に指定される
2007年11月18日平成19年11月18日茨城女子短期大学開学40周年記念式典を挙行する
2007年12月22日平成19年12月22日私塾開設100周年記念式典を挙行する
2009年1月平成21年1月茨城女子短期大学が文部科学省より教員免許状更新講習開設認定を受ける(この年より現在まで)
2009年4月1日平成21年4月1日大成女子高等学校が文部科学省より英語教育改善のための調査研究学校に指定される
茨城女子短期大学の専攻科福祉専攻を介護福祉専攻科に名称変更する
2009年7月11日平成21年7月11日学園創立100周年記念式典を挙行する
2009年12月1日平成21年12月1日第5代理事長に額賀修一が就任する
茨城女子短期大学第6代学長ならびに大成学園幼稚園第6代園長に小野孝尚が就任する
2010年4月平成22年4月大成女子高等学校が文部科学省より教育研究開発事業(英語)を受託する(2012年3月まで)
2011年3月11日平成23年3月11日午後2時46分東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生、人的被害無し、施設設備に多大な被害
2011年4月平成23年4月茨城女子短期大学の国文科をことばの芸術学科に名称変更する
2012年3月平成24年3月茨城女子短期大学の介護福祉専攻科を廃止する
2013年11月22日平成25年11月22日大成女子高等学校震災復旧並びに校内整備事業完成記念式典を挙行する
2014年4月1日平成26年4月1日大成学園幼稚園第7代園長に神永直美が就任する
2014年6月13日平成26年6月13日茨城女子短期大学震災復旧並びにキャンパス整備事業完成記念式典を挙行する

茨城女子短期大学・大成女子高等学校・認定こども園大成学園幼稚園・大成学園額田保育園時代

2015年4月1日平成27年4月1日大成学園額田保育園を設置(民営化のため那珂市より移管)、初代園長に金田小夜子が就任する
認定こども園大成学園幼稚園を設置、初代園長に神永直美が就任する
大成学園幼稚園を廃止する
茨城女子短期大学ことばの芸術学科を表現文化学科に名称変更する
2016年4月1日平成28年4月1日認定こども園大成学園幼稚園第2代園長に木村久美子が就任する
2017年11月25日平成29年11月25日茨城女子短期大学開学50周年記念式典を挙行する

茨城女子短期大学・大成女子高等学校・認定こども園大成学園幼稚園・ 認定こども園大成学園かさまこども園・ 認定こども園大成学園いなだこども園・大成学園額田保育園時代

2019年4月1日平成31年4月1日認定こども園大成学園かさまこども園・認定こども園大成学園いなだこども園の管理・運営を開始(「笠間市公私連携幼保連携型認定こども園の設置及び運営に関する協定」に基づき、この年より10年間、笠間市立かさまこども園・いなだこども園を、県内初の公私連携幼保連携型認定こども園として管理・運営)
認定こども園大成学園かさまこども園の初代園長に髙野厚子、認定こども園大成学園いなだこども園の初代園長に青木早苗が就任する
Menu